廃品回収について知ってみよう

不用品と廃品という言葉の捉え方は人それぞれでしょうが、今回は廃品をあくまでも買い取り不可の物として扱います。
つまり買い取りが出来ないほどに壊れたりしたゴミと考えて、それらの物を回収してもらう際の基本事項を説明します。

処分価格について


買い取りなら話は別ですが、料金を支払って引き取ってごみを引き取ってもらう際、物の状態というのは料金を左右するポイントにはなりません。
例えばスピーカーを引き取ってもらうにしても、音が鳴るとか鳴らないかという問題は全く関係ないという事です。
やはりゴミの引き取りに関して、料金を左右する価値は大きさと重さが全てと言っても良いでしょう。
つまり小さい物ほど安く引き取り可能で、大きな物ほど高くなるという事になります。
例えばコタツ、一人用の椅子、カーテン、軽量の家電やスピーカー、クッションなど軽くて小さい物なら1000円以下で引き取れる事が多いです。
しかし食器棚や洗濯機、ソファーやベッドなど大きさも重さもある物は2000円くらいする場合があります。
それを考えると、例えば大きなソファーとベッドと洗濯機を捨てるだけで5000円以上かかる可能性が非常に高いと言えます。
かなりの出費になる事は間違いないので、なるべく多額の出費を避けたいならリサイクルに出したり、ネットで不用品回収会社一覧を見て複数の業者の料金を比較するなどの工夫が必要です。

業者と自治体はどっちが安いの?

業者と自治体どっちが安くゴミを引き取ってくれるのか、という質問があれば総合的に見れば自治体の方が安いという答えになるはずです。
そもそも業者のメリットは自治体には無いサービス(出張引き取りなど)が魅力ですが、サービスを提供する分トラックや人件費などのコストがかかります。
だから業者の方が自治体よりも引き取り額が高く設定されているのは言うまでも無いことです。
とは言え業者には優れたサービスがあるので、一概に自治体と業者どちらがお得なのか、というのは依頼する人の状況によるでしょう。
また、処分する物によっては自治体よりも業者の方が安く引き取ってくれる事もあるし買い取りも可能な場合があるので、絶対に自治体の方が安く処分出来るとは言い切れません。

サービスの業者と値段の自治体

ごみを処分する料金は総合的に見ると自治体の方が安いけど、必ずしも自治体が一番コストが低いとも言えない。
そして大きな物ほど引き取り額は高くなる、というのがゴミを処分する際の基本事項です。
不用物の処分方法に困ったら、まずは自治体と業者どちらに頼んだ方がお得なのか考えてみましょう。

更新情報

2015-07-29
廃品回収を業者に頼む時自分でやるべき事は?の情報を更新しました。
2015-07-29
廃品回収は少量でも依頼出来る!の情報を更新しました。
2015-07-29
廃品回収について知ってみようの情報を更新しました。
2015-07-29
廃品はどんな業者に頼んで捨てるべき?の情報を更新しました。
2015-07-29
廃品の捨て方についての情報を更新しました。
ページ上に戻る